Return to site

500kobe: What is COO role?

Board Memberと従業員をつなぐCOOの役割

「COOの役割は何ですか?」
CEOのビジョンに共感していますが、全員でビジョンを追いかけるだけではうまくいくのでしょうか。

というあるセッションでの質問がとても印象に残っています。

「CEOのビジョンをひたすら現実に落とし込むことがCOOの役割です。」とある1000億円企業の元COOがが答えました。
なるほどな、と

Jカーブを描くスタートアップを引っ張るCEOは
ビジョナリーで周りを扇動できるリーダーシップが必須です。

Boardメンバーはビジョンに理解して、世界を変えようとついていっているだけではいけません。
それぞれのメンバーには、CEOのビジョンを現実に落としていく役割があります。

特にCOOは日本語で最高執行責任者というぐらいなので、CEOの描くビジョンをビジネスにして現実にしていくのが役割です。

初期の小規模のチームではビジョンを共有できるし、エクイティをシェアしているのでいいです。

しかしこの役割の人がいないと、デザイナーやエンジニアなど従業員を雇っていく上で、
ビジョンだけではなかなか全員のモチベーションを保ち続けるのは難しくなります。

そこでCOOが具体的にKPIなど実行に向けての計画を立てていくことで
ビジョンをかみ砕き、組織全体に伝えます。

そうすることでそれぞれのメンバーが方向性を理解して、全員で同じゴールへと向かうことができます。

いつも思うのですが、スタートアップという不安定なチームにジョインするメンバーのリクルーティングは非常に難しいと思います。
 

ただそこにはスタートアップ、ベンチャーという夢と成長が見えるから憧れます。

しかし、自分自身、従業員の目線で考えてみると、
いくらCEOビジョンに共感してジョインしたとしても、
初めのうちはいいけれど、夢ばかり語られていて具体的な目標が見えなければ、モチベーションを保つのは難しくなっていくと思います。

CEOとCTO二人のチームから組織へと変えていく際に重要となるマネージメントのプロフェッショナルCOOの重要性を感じた話でした。

#500KOBE #500Strong

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly